CR北斗の拳7 転生の章FC 止め打ち、セグ判別、スペック攻略!

訪問ありがとうございます。takaです☆

もうすっかり暖かくなりましたね~!暖かくなったり急に冷えたりしているので、

身体に気を付けてくださいね☆

それではパチンコ攻略の方をしていきますね。

今回紹介するのはCR北斗の拳7 転生の章FC です。

北斗無双が甘いので期待は持てますが実際どうなんでしょうか!?

と言うことも踏まえ紹介していきます☆

スペック、止め打ち、セグの順番で書いていきます(=^・^=)

スペック

賞球:4 & 1 & 2 & 3 & 15

大当り確率:1/319.7→1/47  小当りなし

確変突入率:65% 潜伏確変なし

ヘソ入賞時

【出玉4R確変】
電サポ次回まで→65%
【出玉4R通常】
時短7回転→35%

電チュー入賞時

【16R確変】
電サポ次回まで→65%
【出玉なし通常】
時短100回転→35%

大当たり時の獲得出玉

2240玉【16R×10カウント】
560玉【4R×10カウント】

となっています。

右打ちの出玉は多いですが時短7回転と言うのがネックですね。。

ボーダーは等価で19.6程です。

 

次は止め打ちを紹介します。

開放パターンは2つで左ランプ点灯時と右ランプ点灯時があります。

二つとも3回開放です。

そして今回は簡易版と上級版の止め打ち難易度にあまり差がないので一つかいておきますね(^^)

左ランプ点灯時

1.1開放目が閉まる瞬間に1玉打つ。

2.2開放目が閉まる瞬間に1玉打つ。

3.3開放目が閉まったら1玉打つ。

 

右ランプ点灯時

1.1開放目が閉まる瞬間に1玉打つ。

2.2開放目が閉まる瞬間に2玉打つ。

3.3開放目が閉まったら1玉打つ。

 

こんな感じです。玉はあまり増えないですが減りもしないので是非実践してくださいね☆

最後はセグ判別です。

これは判別しなくても確変を取りこぼす事はないのでしなくてもいいのですが、

早く確変を見極めたい人用です☆ 通常セグの方が少ないので、

通常セグをランプ左から1番~8番だとして書いていきます。

ヘソ時短7回転セグ

1234

12456

125

1256

15

1356

34

36

電チュー時短100回転セグ

123456

1246

246

46

となっています。これ以外にも通常だったと言う時は教えてください(..)

それでは今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました_(._.)_

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ